down the line

ダウンザラインはパワーだ‼️

テニスの試合で使うショートクロスは「2種類の振り方」で変わる

 

f:id:naoyuki426:20180920123421j:image

 

テニスの試合で使うショートクロスは「2種類の振り方」で変わる

                                     「目次」

  1. スイングの振り幅で距離が決まる
  2. 高さを意識するだけでミスは減る
  3. ボールの回転量で決まる
  4. 本当に打つべきか?

 

ショートクロスを試合で使っていきたい。

でも上手く打てない。

ミスをしてしまう。

 

初心者や中級者の方が良くこの様な質問をされていました。

 

そこで今回はショートクロスの基本的な事を出来るだけイメージしやすいように書いていきたいと思います。

 

1.スイングの振り幅で距離が決まる』

 

f:id:naoyuki426:20180920121401j:image

 

ここ大事!!

むしろここだけで良いかもしれないですね

 

皆さんショートクロスを打つ時に限らず、自分のスイングの振り幅を意識していますか?

 

僕もそうだったのですが、結構な度合いで感覚で振っていませんか?

 

ここで落ち入りがちなのが、上手くいってる時は良いのですが、上手くいっていない時は調子が悪いせいにしてしまう事です。

 

テニスは『オープンスキル』なので気候、対戦相手、メンタル、ボールのスピードで常に状況が変わります。

 

そこで出来るだけ正確に打つ為にはスイングの振り幅を意識しながら練習する必要があります。

 

まぁグダクダ言っても仕方ないので図にして書いていきますね

 

下の写真をみてもらいたいのですが、ストロークには打ち始める前の「テイクバック」と打ち終わりをまでの「フォロースルー」があります。

 

 

f:id:naoyuki426:20180920135440p:image

 

当たり前だろ‼️(笑)

 

大事なのはこのスイングの幅をどう意識しているかです。

 

スイングの幅は自分の中で段階的に分けると分かりやすいです。

 

僕のイメージだと後ろ3段階、前3段階に分けて打っています。

 

f:id:naoyuki426:20180920140917j:image

 

この様に自分の中でスイングを段階で表すと、パワーを出したいなら3〜3のスイング、

安定させたいのであれば2〜2など打ち分ける事が出来ます。

 

あくまでこれは僕の場合のスイング感覚なので、自分に合ったスイングの幅を見つけてくださいね^ ^

 

今回はショートクロスについてなのであまりストロークに関しては深掘りはやめておきます。

 

ここで!先程言っていた『ショートクロスでの2種類の振り方』について説明していきますね

 

ショートクロスと言っても人によってグリップの握り方、スイングの癖で、振りやすさが変わってきます。

 

例えば、僕だとショートクロスに打つ場合、2〜1のスイングで基本的には振ります。

 

他の人だと3〜1の人もいます。

 

この様に人によってショートクロスの打つ幅は変わってきます。

なので自分の打ちやすい幅を見つけてみてください。

 

わからない方は初めは1〜1で試してみると、「こんなに違うんだ!」と実感できるのでオススメです^ ^

 

さすがに3〜3はダメですよ!!

でもやってみるのも面白そうですね(笑)

 

2.『高さを意識するだけでミスは減る』

 

先程の説明でスイングの距離感については大体お分かりになったと思いますが、次はボールを通す高さについてお話したいと思います。

 

 

当たり前ですが、テニスと言うスポーツにはネットがあります。

 

何が言いたいかと言うとネットが邪魔って事です(笑)

 

硬式テニスのネットは中心(センターベルト)とサイドとで高さが変わります。

 

f:id:naoyuki426:20180920145950j:image

 

サイドが1.07mで中央が0.914mになります。(覚えなくても良いです)

 

サイドと中央はテニスボール2個分🎾🎾違うって事をザックリと覚えといてください。(笑)

 

だから角度を付けたいからと言って高いネットの所を狙うのではなく、センターベルトを中心にしてショートクロスを打てば、ミスをする確率はグーンと減ると言う事です!

 

3.『ボールの回転量で決まる』

 

次にショートクロスに打つ時に大事な事が、ボールの回転量です。

 

ボールの回転量についてはまた詳しく記事にしたいと思うので、ここでは簡単に説明します。

 

ボールの回転量が少なければ、ただのチャンスボールになってしまいます。

 

なので、先程説明した、スイングの幅を決め、出来るだけ、スイングスピードを上げてください。

 

幅が決まっていれば、フルスイングしても狙った所に落ちてくれます。

 

逆に、スイングしなければ、ボールは狙った所へは落ちません。

 

スイング大事‼️って覚えといてください(笑)

 

 

4.『本当に打つべか?」

 

最後にお話しするのは、考え方についてです。

 

詳しくは長くなるので、また記事にしますね。

 

試合中にショートクロスに打つ場面はどんな時ですか?

 

ここで考えるのは簡単ですが、試合中はそうもいきません。

 

試合中ではボールを打ってから相手が打ってくるまで、大体、1秒の時間しかありません。

 

その短い時間で判断し、何処に打つかを決めなければいけません。

 

ショートクロスに限った事ではありませんが、そんな短い時間の中で勝負が決まります。

 

どんなパターンの時に打つかはいくらでもかけるのですが、頭で分かっても試合中は上手くいきません。

 

なので、あえてパターンは書かないでおきます。

 

脳みそフル回転させて、自分で考えた方が試合でも役に立ちますし、身になります!!

 

だからいっぱい失敗しろ!!(笑)

 

失敗した数ほど上手くなります^ ^

 

最後ショートクロスあんまり関係なかったかも。(笑)

 

                       『まとめ』

 

・スイングの幅を意識的に変える。

・テニスはネット邪魔だから高さ意識!!

・ちゃんと降らなかったら、ただのチャンスボール

・本当に打つべきか1秒の間に決めろ!(練習中はいっぱい失敗すること)

 

です^ ^

 

 

皆さんテニス楽しみましょ🎾

 

 

 

 

オープンスキルとクローズドスキル、知っているだけでテニス上級者!!

皆さんこんにちはNAOYUKIです^ ^

 

f:id:naoyuki426:20180912140052j:image

 

今回はオープンスキルクローズドスキルについて説明したいと思います。

 

何故この話をするかと言うと、僕もこれを知るまでテニスを適当に練習していた事に気付いたからです。

 

知ったから上手くなるとかではなく、知ったからこそ、その知識を活かして次のステップに進んで行けると思います^ ^

 

それではいきましょ~!!

 

 

オープンスキル・クローズドスキルとは』

 

まず、スポーツは大きく分けて2つのスキルに分かれています。

 

では、どんな競技によって分かれているか見て見ましょう!

 

・オープンスキルの競技

サッカー

バスケ

バドミントン

ボクシング

野球

など

 

・クローズドスキル

陸上

体操

弓道

ゴルフ

ダーツ

など

 

見て大体どんな特徴に分かれてるか分かった人は凄いです!!

 

軽く説明するとこのように分かれています!

 

「オープンスキル」

外的要因によって左右され、変化する状況で発揮する技能。

↑主に対人競技が多いですね!相手とのコンタクト、物理的に影響がある競技で、即座の判断で勝敗が決まります。

「クローズドスキル」

外的要因に左右されず、同じ状況で発揮する技能。

↑こちらは対戦相手はいますが、どちらかと言うと、相手に左右されず、自分をどうコントローするかで勝敗が変わります。

 

このように分かれています。

 

では、本題です。

 

テニスはどのスキルに分類されますか?

 

正解は〜

 

 

 

大体オープンスキルです‼︎(笑)

 

 

なぜ、大体かと言うとテニスではサーブだけがクローズドスキルになるからです。

 

ここで分かって欲しい事はオープンスキルとクローズドスキルによって覚え方が違ってくると言う事です。

 

サーブだけがクローズドスキルの理由はサーブだけが唯一自分で狙った所に打てるショットだからです。

 

いやいや〜ストロークも狙えるでしょ!って思った方は要注意!!

 

テニスのストロークで確実に狙って打てる人はいません。

あの錦織選手ですら同じ所に打つのは至難の業です。

 

なぜサーブは狙えて、ストロークは狙えないのか?

 

それはサーブの場合トスを上げてボールを打つまで全て自分の思った通りの動作、フォームで打てるからです。

 

サーブの内容はこちらをご覧ください↓

http://naoyuki426.hatenablog.com/entry/2017/12/26/203818

 

ストロークの場合はある程度相手が打ってくるコースが分かるかもしれませんが、ボールの跳ね方や軌道、スピードは時と場合によって違うので、毎回同じフォームで打てません。

 

ここで残念なお知らせですが、試合に勝つ為にボール出しをずっとしていたり、素振りを一生懸命してる人、努力家ですが試合では勝てません。

 

ボール出し、素振りがダメだと言っているのではなく何故その練習をするのかを理解していないとダメだと言う事です。

 

初心者の方なら初めは球出しや素振りは有効です。

 

ですが、中級者、上級者になると同じことをしても意味がありません。

 

大体の部活やスクールの球出しはクローズドスキルがメインの練習が多いです。

 

球出しを練習しても上手くはなれますが、試合では勝てません。

 

どうしたら勝てるような思考になるのか?

 

次回はその内容を具体的に書いていきたいと思います!

 

『まとめ』

 

スポーツによってスキルが分かれる。

オープンスキルは外的要因に左右される

クローズドスキルは外的要因に左右されない。

 

この2つのスキルを知るだけで、少し考え方が変わってくると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短時間で全身トレーニング!!

 

 

f:id:naoyuki426:20180912175308j:image 

 

 はい!

今回はトレーニングを早く終わらせたいと言う人に必見‼️

 

 

全身が鍛えられて、持久力もあがる。

 

そして

なんと所要時間5分‼️‼️

 

いや〜凄いですね〜

 

1日5分するだけで全身が鍛えれるんですよ⁉︎

 

お得でしょ?(笑)

 

 

  • 時間がない人
  • なるべく短時間で終わらせたい人
  • ジムに行けない人

 

 

逆にこんな人は向かないです。

 

  • この五分に耐えれない人(笑)

 

 

この先はこのトレーニングが耐えられると思った人だけ見てくださいね!

 

 

そうそのトレーニングは〜

 

 

 

バーピージャンプ‼️

 

 

 

勿体ぶってこれかよって思いましたか?

 

でもね本当にバーピージャンプ最強なんですよ!

 

 

今まで腹筋やチンニング、スクワットなどをインターバルでトレーニングしていたのですが、

正直毎日やるのは根気と時間がいるのですよ。(本当辛い)

 

1日の時間にトレーニングを入れたら直ぐに時間が過ぎてしまってやる事も出来ない。

 

まぁ言い訳なんですけどね(笑)

 

レーニング自体長くやれば良いと言うものでもないです。

 

なので質を上げて短時間で効率よく鍛える方が効果的だと思いました。

 

 

 

そこでバーピージャンプ‼︎

 

毎朝5分バーピージャンプをしているのですが

 

これがまぁキツイ

 

5分でクタクタになって全身が鍛えらるトレーニングはまぁないですよ。

 

 

バーピージャンプでどんだけグダグダ喋ってるんだよ(笑)

 

 

でわトレーニング説明をします!

 

『バーピージャンプとは』

先ほども言った通りバーピージャンプは全身運動として非常に優れています。

 

バーピージャンプの動作はスクワットの動作や腕立て動作、ジャンプ動作を一連の流れでトレーニング出来るので、効率的です。

 

そして回数・セットをこなして繰り返す事で、心拍数が上がりやすいため、持久力も向上します。

 

筋トレと有酸素運動が同時に出来る優秀なトレーニングですね!

 

本当バーピージャンプ考えた人凄すぎる。

 

『バーピージャンプのやり方』

最初のポジションは

・直立の状態を作ります両脚は腰幅に広げます。

・次に、両手をついてその場にしゃがみこみます。

同時に少し跳ねるようにして両脚を後ろへ伸ばします。

・腕立て伏せのような動作で体を軽く沈めていきます。(筋力を付けたい場合は深く腕立て伏せをする)
・両肘を伸ばすと同時に、両足を最初の位置に戻し、しゃがんだ状態に戻ります。

・立ち上がったと同時に、出来るだけ高くジャンプしていきます。(イメージは空に向かってウルトラマン!)

・この動作を繰り返していていきます!

 

 

僕の場合はバーピージャンプ10回を×4~5セット・間の休憩が10秒で行なっています。

 

初めは慣れないと思うので、無理なく1日10回ぐらいでも大丈夫ですよ^ ^

 

何事も継続が大事ですからなね!

 

慣れてきたら徐々に回数を増やしていくようにしていきましょう!

 

今日は以上!!

 

 

本当1回やってみて!バーピってみて!

 

 

 

多分辞めたくなるから!(笑)

 

 

バーピーしてる時「😩あー辞めようかな〜辛い〜辞めたい〜」と思います。

 

でも思ってる間にトレーニング終わってるんで大丈夫‼︎(笑)

 

 

だから短時間なら耐えられる!!って人は是非バーピーチャレンジをしてみてください!

 

僕もこれから毎日バーピーするので皆さんも一緒にバーピストなりましょー٩( ᐛ )و

 

 

今日はそんな感じで終わります(笑)

 

 

内容は薄い!でも効果は絶大‼︎

 

 

 

今日はそんな感じで終わります(笑)

 

参考になれば幸いです!!

 

 

Twitterの登録も是非お願い致します↓

 https://twitter.com/tennis_naoyuki

 

 

 

 

ダウンザラインからのダウンザライン。そう!テニスはパワーだ‼️

 

《テニスは確率のスポーツ。

よりコートに球を返したものが理論的に勝つ。

ミスを減らして、相手のミスを狙う。

自分の苦手を隠し、相手の苦手なところを突く。相手の逆をつき、騙す。》

 

 

これがテニス

 

 

 

ちがーう!!

 

 

テニスはパワーだ‼️🔥

 

(今から話す内容は本当に学生時代考えていた事ですが、真に受けないでください。あとためになる話はほとんどないので悪しからず。)

 

 

 

そうあれは、専門一年生の夏。

 

夏の合宿が始まり皆んなピリピリとした状態での練習が始まる。

 

 

f:id:naoyuki426:20180828163254j:image

 

 

 

暑い中皆んな一生懸命ボールを追いかける。

 

 

午前の基礎練習が終わると午後からは部員での練習試合。

 

 

シングルに組まれた僕は試合に入り、ギリギリ勝った。

 

結果報告を監督に言いに行く。

 

監督「今西←(僕のこと)お前のテニスは荒すぎる。良いプレイをしているが、全てショットを全力で打っていたらミスも増えるぞ!得にフォアでダウンザラインを打つ時は制度や!テニスは確率のスポーツや!

もっと考えてテニスをしろ‼️」

 

僕(はい!!分かりました!)

 

心の中の僕「監督、、、、話が長い‼️後さっきからフォアの話しをしているのにデモがバックハンド。)

(実際もっと長くて試合で熱中症になるより、報告で倒れそうでした。)

 

 

しかーし‼️僕は挫けない‼︎(頑固)

 

次の試合も全力で打ち、ダウザラインからのダウンザラインかましました。

 

 

f:id:naoyuki426:20180828165447j:image

 

 

監督に怒られました。

試合数も減りました。

泣きました。

 

 

でも僕は言いたいテニスは確率、いや、テニスはパワーだ‼️

 

 

 

 

って言うアホな時代もありました。(笑)

でも本気でテニスが好きで全力でプレーしてしている事も幸せでした。

 

 

え~結論を言うとテニスは『確率』が大切です

いくらパワーがあっても脳みそまで筋肉だと勝てません。

 

僕もしっかり考えるようになってから勝率が上がりまくりました(笑)

 

 

でもパワーって男のロマンですよね〜

 

え?僕だけかな?(笑)

 

 

今日はそんなストーリーを思い出して書きたくなりました^ ^

 

想い出って大切ですね!(笑)

 

今、輩達は関西大会が終わって良い結果を残せているみたいで嬉しい限りです😆

 

全国大会も頑張れよ👍

 

f:id:naoyuki426:20180828170334j:image

↑これは僕たちの代です

 

懐かし〜♪

 

 

ボレーはダンスだ‼︎ボレーのステップはダブルステップ

 

【ボレーはダンスだ💃】

 

f:id:naoyuki426:20180913180425j:image

 

以上‼️(笑)

 

あの日は10秒ぐらいフリーズした。

 

この話はOBの人が教えてくれたアドバイスで、その先輩は具体的に話しているつもりなのでしょうが、超感覚派すぎてフリーズしてしまいました。

 

先輩「そやな~ボレーは足が大切やねん!」

 

僕「はい!わかります!」

 

先輩「でも足を動かすだけじゃアカン‼️」

 

僕「はい!どうやって動かすんですか?」

 

先輩「タップダンスみたいに動かすねん」

 

僕「(°▽°)あ、なるほど、タ、タップダンスですね💦」

 

先輩「そうや!ボレーはダンスや!」

 

僕「わかりました‼️」

 

 

正直何いってるか分からなかったです(笑)

 

その先輩は超感覚派です。

 

でもタッチ系のショットが惚れるほど上手い!!

 

 

教えてもらってもイマイチ分からなかったのでその先輩を観察する事にしました。

 

 

     【常にダブルステップ】

 

 

その先輩の足を見ているとボールが自分のエリアに来るまでにステップを2回踏んでいました。

 

 

イメージは肩幅ぐらいのスタンスで「タタっ」って感じで細かくステップをしていました。

 

ボールが来るまでにリズムとタイミングを合わせステップを2回踏む事を「ダブルステップ』と呼びます。

 

 

上半身、ラケットワークはゆっくりしているのですが、足は常に動いていました。

 

 

あーなるほどね!

タップダンス=ダブルステップのことか!

 

確かにダンスに例えるのも分かる(笑)

 

ボレーが苦手な人ほど足が止まってその場で打っている事が多いです。

自らステップをする事をでネットの近くでボレーできるし、タイミングが合うのでミスをしにくい!!

 

 

ボレーはラケットワークより足を最初に動かすべきなんですね!

 

 

ありがとうテニス部のダンサー🕺

アカン見られたら怒られる(笑)

 

 

『まとめ』

 

・ボレーは足を常に動かす

・ミスしている時ほど、足が止まっている

・タイミング、リズムを意識する

 

 

 

 

 

皆さんもボレーが苦手だったり、おかしいと思う人は一回ボレー時のステップを意識て見てくださいね!

 

結構変わりますよ^ ^

 

 

f:id:naoyuki426:20180827194040j:image

 

 

 

 

 

バックが苦手ならスライスを極めろ

最近、後輩の試合での活躍を聞き、なんだからまたテニスの事を書きたいと燃え上がり

 

改めてテニスブログを再開しようと思います!!

 

 

f:id:naoyuki426:20180825164618j:image

 

↑踊る様にスライスを打っている様子です(笑)

 

 

 

テニスコーチを辞めてからテニスの情報収集が疎かになっている‼︎

 

って事で気合入れ直して頑張ります💪

 

今回は『スライスショット🎾』について書いていこうと思います!!

 

なぜスライスショットかって??

 

 

 

それは僕がバックハンドが苦手だったからです‼︎(笑)

 

僕は片手バックなんですが、本当に下手でした。

本当に。

 

 

そんな僕を助けてくれたのがスライスショット🤩

 

有難や〜有難や〜🙏

 

 

試合で相手にバックハンドが苦手なのをバレないようにスライスショットを使ってました(笑)

 

 

学生の方だったらオムニコートで試合をする事が多いと思いますので覚えて損はないはず!!

 

 

スライスショットは色々な使い方がありますが今回は3つに絞って書いていきます^ ^

 

 

  • 『2種類のスライスで相手を惑わせよう!!』

 

 

最初に言いますと、ただ逃げるためにスライスを覚えても試合には勝てません

 

今回お話するスライスショットは相手に、攻めと守りのスライスです!

 

僕もはじめバックハンドが苦手だからと逃げるだけのスライスをしていました

 

結果バックハンド狙われて負ける。

 

 

逃げるだけだとどうしても相手に攻められ続け  られるので不利な状況がずっと続きます

 

よっぽど体力に自信があるかドMしか勝てないです(笑)

 

1試合勝てたとしても予選の決勝までは大体4〜5試合あります

 

 

多分途中で燃え尽きます(笑)

 

 

なのでスライスは攻めと守りを上手く使いましょう!

 

 

はい!!本題にいきます!

 

 

まず、守りのスライスです‼︎

 

 

守りの時は基本的に相手に攻められている状況になります

 

その時に取りたい行動はまず!

 

  1. 時間をつくる
  2. ポジションに戻る
  3. 体制を立て直す

 

の3つです!!

 

 

皆さんならこの様な時どんなスライスを打ちますか?

 

 

 

 

 

ここでストレートにスライスを打っていたら、さらに相手の思うツボになります

 

 

 

出来るだけセンターもしくはクロスに返しましょう!!

 

 

そうする事でポジションに戻る時間が稼げる+体制が立て直せます

 

 

 

相手に攻められている状況なので無理に攻めてはいけません

 

まずはミスを減らす事がテニスのセオリーになります

 

 

攻める時は相手のボールが浅くなった時と相手のオープンコートが空いた時です!

 

 

その状況が来るまで我慢して繋ぎ、その時にが来たら攻める‼️

 

 

次に攻めのスライスです!!

 

攻めのスライスは僕の場合相手のリズムをずらす時に使っていました

 

普通のスライスはボールが来るのを待って打つのですが、攻めのスライスは自分から迎えにいきます!!

 

そう!!待たずに打つ!!🔥

 

 

 

って言っても間違って欲しくないのが、攻めのスライスも守りのスライス基本的には変わりません。

 

変わるのは待つか、🚶‍♂️迎えに行くかです🏃‍♂️

 

攻めのスライスだからと言ってラケットを早く振ったりライジングで取るわけではありません

 

少しだけボールの跳ね上がりのをコートの中に入って打つだけです

 

それだけでテンポが変わり相手なリズムが崩れます

 

相手も気持ち良く打ちたいので、急にリズムが変わると嫌なので、バックハンドに打つ回数が減ります

 

そこで、得意のフォア‼︎(バックハンドが下手なだけだけど(笑))で攻めていきます

 

 

僕は予選は8割スライスで勝手きました(笑)

 

フォアが得意だったので

 

いや、得意だったと思うので(笑)

 

後はフォアの戦略で自分のリズムにしていました

 

 

 

単純ですが、このスライス2種類を上手く使えれば、戦略の幅が広がって行くと思います!

 

 

是非トライしてみてください^ ^

 

 

 

 

 

 

 

 

人生を変えてくれた言葉

最近色んな本を読んで、良いなぁと思った事は直ぐに実践しているのですが、

 

結局何が正しいか分からないですよね?(笑)

 

でもとりあえずは自分の身体で実験しないと分からないので、やっていこうと思います‼︎

 

本を読むのは好きなのですが、本棚みたらほとんど自己啓発の本。(笑)

 

ある研究では、自己啓発の本を年間4冊読む人は周りより精神的に弱く、病みやすいと言う結果が出ていました。

 

黙れ‼️と言いたい所なのですが、8割ぐらいそうだなと思いました(笑)

 

確かに当初は病みに病みまくっていました(笑)

 

今は自己啓発の本はほとんど読まないのですが、たまに気になる。

 

いや‼︎もう自己啓発の本はいらない!!かも

 

という事で、専門分野の本を読む事にしています

 

そして即実践!!

 

成果は着々と出てきています

 

年間200冊は読みたいですね

 

 

 

 

 

前振りが長い!!(笑)

 

 

 

 

 

今日は『後悔』についてです

 

誰しも後悔はしたくないですよね~

 

これは主観的な考えなのですが、後悔しないのは無理だと今は思っています

 

前の僕だったらこう思ってました。

(後悔しないために努力するんだ!)と

 

その考えが変わったのが高校2年生の3月の事です。

 

先輩が卒業して行く時にお別れパーティー的な🎉やつをしたんですね(なんか適当ですみません(笑))

 

最後に先輩から一言をもらうのですが、

ある1人の先輩の言葉だけ今もずっと記憶に残っています

 

他の先輩方すみません‼︎(笑)

 

その言葉が今の自分の人生を変えてくれたと思っています

 

その言葉とは「質の高い後悔」です

 

話の内容はこうです↓

 

人は絶対に後悔する。から始まりました

 

待って‼︎と思いました(笑)

 

なんでそんなネガティヴな感じで入るの?

とその時の僕は思いました

 

でもその話しを聞いているうちに段々と理解して納得しました

 

先輩はこう続けていました

 

人は絶対に後悔する。ただその後悔にも質がある。

スポーツで例えるなら

 

試合で一回選勝てたら良いいやと思ってる人

一回選は絶対に勝つと思っている人

 

同じ一回選だけどその試合に対しての気持ちの質は全然違う

 

一緒の後悔だけど、どちらの後悔を選択するかで今後の人生が大きく変わってくる

 

その話を聞いた瞬間ある記憶を思い出しました

 

あれは中学生時のテスト返しです

 

僕は50点取れれば良いやと思ってテストに挑みました

 

テストが返ってきて本当に50点ぐらいで、まぁまぁ嬉しかったです(笑)

 

ただその時にある女の子が泣いていました

 

よっぽど点数が悪かったんだろうなと思い、テストの点数を見ると98点でした👀‼︎

 

待ってめっちゃいいやん!!って正直思い

なぜだか心の中では少しい怒りも芽生えたぐらいです

 

本当残念な僕(泣)

 

先輩の話を聞いて、あの時の自分に後悔しました。

 

この事なんだろうなって

 

その時日常を適当に過ごしてまぁいいやと悪い意味で楽観視している人と

 

絶対にやってやると言う気持ちで人生に挑んでいく人

 

どうせ一度きりの人生なら

 

どうせ後悔するならもっと上を目指したい

 

もっと質の高い後悔をしなくてはいけないと考えを改めました

 

今も後悔は色々あります

 

ただ僕が後悔する上で大切にしているのは

 

今後悔するのか

後で後悔するか

 

の二択が出てきたら後者を選ぶようにしています

 

何故かと言うと、今の後悔はもうすでに後悔をしていると言う事

 

後の後悔はまだ後悔するか分からない事だからです

 

僕は誰かに後々後悔するぞ?と言われたらこう答えます

 

今辞めたら後悔するので、後から後悔します!

 

大分うざいですよね?(笑)

 

 

まぁ結局何が言いたいかと言うと、僕にはこの様な人生を変えてくれた言葉があります

 

僕と同じ風に考えろとは思いません

 

ただもし日常を適当に暮らしているなと思う人がいるなら

 

自分の言葉を探してみてください

 

そうすれば、自分の1つの軸として人生を支えてくれます

 

どうせ一度きりの人生なんで

 

色んなことをしていきましょう‼︎(笑)

 

本当文章が拙くてすみません(泣)

 

もっと分かりやすく書けるように頑張ります‼︎

 

でわでわ〜^ ^

 

あ!

 

f:id:naoyuki426:20180415172311j:image

↑この間弟の誕生日を祝ってきました!

もう7歳(°_°)

 

早いな〜

 

どうでもいい話なのですが、弟にそのキャラクター好きなん?と聞いたら

 

あースパイダーマンと真顔で言われました

 

いやironman‼︎(笑)

 

弟はYouTubeにしか興味がないみたいです。

 

それにしてもスパイダーマンとアイアンマンを間違えるとは、、、