Naoyuki Smile book📚

テニスを読書する

シングルハンドのコツ👊

皆さんこんばんは!

 

今回は「シングルハンドのコツ」について僕なりに書いていきたいとおもいます!

 

 

f:id:naoyuki426:20170927184958j:image

 

 

最近ではシングルハンで打つ人が減ってきていて少し悲しいです😭

 

その反面シングルハンドで試合をしている人を見るとついついみてしまいますね~かっこいいから(笑)

 

僕もシングルハンドなのですが、慣れるまでには少し時間がかかったと思います

 

最初は試合も勝てないしミスも多いしで、、、

 

まぁでも慣れてくると凄い便利な打ち方だと僕は思います!

 

なので、シングルハンドをやってみたい方、している方に少しでも参考になればと思います☺️

 

 今回は3つのポイントを書いていきます

 

でわ‼︎

 

ポイント1「インパクトに集中」

 

初めは大きく振っても上手くラケットに当りません

 

飛びすぎたり、ガシャッたりで嫌ですよね(泣)

 

なので‼︎

スイングの大きい人は今の半分ぐらいのテイクバックを意識してください

 

イメージは侍が刀を抜くようにです‼︎(笑)

 ↓ 

f:id:naoyuki426:20170927193727j:image

 

何故かと言うと、先ほども言った通り大き過ぎるとタイミングが合わせにくく、振り遅れになる事が多いからです

 

テイクバックを小さくする事により、インパクトまでの直線距離が短くなります

その分余裕ができるので、インパクトを正確にしやすくなります

f:id:naoyuki426:20170927194117j:image

 

ポイント2「スタンスを広く」

 

ボールが安定しない人、少し動かされたらミスをしてしまう人はスタンスが狭くなっている事があります

 

スタンスが狭いとどうなるか、、、

 

まずやってほしいのが片足立ちです

バランスが崩れる時はだいたい立っている足から頭が出た時ではないですか?

 

重心がバランス良くとれている時はその立っている足の真ん中に頭が入っている時です

 

仁王立ちになってしてみたら、両足の真ん中に頭が入っている事がバランスをとれていると言います

 

テニスはあらゆる場所にボールが来るのでスタンスが狭いと重心が崩れてしまい上手く打てません

 

スタンスの目安はだいたい肩幅か、ラケットを横向きに下に置いてそれより広くひらくと良いです!

 

常にスタンスは広くとり両足の真ん中に頭が入るようにしましょう‼️

 

 

ポイント3「デコピンの原理」

 

シングルハンドで打つ時に威力が出ない人は腕だけで振っている事が多いです

 

威力の出し方は色々あるのですが、今回はラケットを持っていない手の使い方です

 

ラケットを持っていない方の手を上手く使えないと身体が回りすぎて上手くパワーが伝わりません

ここで役に立つのがデコピン‼︎

 

デコピンって誰でもした事がありますよね?

あの小さい初動から繰り出される威力はたまったもんじゃないですね

あれにどれだけ泣かされたか😭

 

シングルハンドを打つ時にもあれを応用すれば威力あるボールが打てます

 

デコピンをする時は指と指に力が蓄えられている状態からタイミングよく相手に当てますよね?

タイミングが合った時には破壊力抜群のデコピンが繰り出されます‼︎

 

シングルハンドの時はラケットのシャフトの部分をラケットを持っていない方で持ちそのまま身体を捻りボールが適切な場所にきたら、タイミング良く手を離します

 

離した手は身体が開かないようにラケットの方向と逆に大きく開きます

 

この打ち方を覚えるとシングルハンドがより楽にパワーを出しやすくなります!

 

今回は3つのポイントを書いていきました!

シングルハンドのコツはまだまだ沢山あるのでまた書いていきます😆

 

参考にになれば幸いです

 

見てくださった方ありがとうございました‼︎