3つのオープンコートで相手に予測されない自由自在なテニス🎾

皆さんこんばん!

筋肉メンタリストnaoyukiです( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

今日は名前書いてみました

 

、、、はい!!(笑)

 

 

f:id:naoyuki426:20171009190540j:image

 

 

 

今回はテニスにおける「オープンコートの種類」について説明していきたいと思います

 

オープンコートとは簡単に言うと対戦相手コートの空いている場所になります!

 

しかし、毎回毎回、空いている場所に打ってしまったら流石にバレてしまいますよね?

 

皆さんも理解はしてるけど、説明しろと言われたら曖昧だと思うかもしれないので、具体的に書いていこうと思います

 

まず一つ目‼️

 

1『空間的オープンコート』

 

 

f:id:naoyuki426:20171009194253j:image 

 

 

 

 

これは皆さんが普段からやっている事です

 

先ほども書いた通り、相手がいない場所「オープンスペース」に打つことをいいます!

 

つまり、相手が「合理的待機位置」に戻れていない時に生じるエリアです!

 

例えば、ラリー中に角度のついたショートクロスをコートの外に追い出す時に空いたエリアの事です

 

2『時間的オープンコート』

 

 

f:id:naoyuki426:20171009195010j:image

  

 

時間的オープンコートとは相手のポジショニングが正確で空間的オープンコートが空いていない時にであっても、早いタイミングで打球する事で相手のポジショニング時間を奪い、相手が返球できない様なエースを狙ったり、相手のミスを誘う方法です

 

例えば、相手のボールをコートの中に入って早く打ったり、ボールを地面に落とさずにボレーや、ドライブボレーで返球する事です

 

3『心理的オープンコート』

 

最後に心理的オープンコートです

 

これは相手の心を読み未来を予測する能力が必要になります

なので、長きに渡っての修行を乗り越えたものしか使えない技になります

 

はい、嘘です、すみませんでした🙇

 

そんなメンタリストDaiGoみたいな能力はいりません(笑)

f:id:naoyuki426:20171009195523j:image 

 

しかし、少し似ていて『心理的オープンコートとは、相手の予測に反したコースに打球したり、セオリーと異なる配球をする事です

 

いわゆる「相手の逆をつく」と言う状況をつくです

 

また相手の特徴や癖を観察し、それに応じて戦略をを考え、ここぞ!ってときに今まで打っていた配球を違うコースに狙ったりしてポイントを取る事です

 

浅い球をいつもならオープンスペースに打ってポイントを取る、しかしそれも相手に予測されてくるので、それを逆手に相手がいる側に打ったりなどです

 

この様に、様々な展開を使い相手に予測されない様試合をしてみてください

 

そうする事でより面白いテニスが出来ると思います!!

 

今回は「3つのオープンコートで相手に予測されない自由自在なテニス🎾 」でした‼️

 

今回も見てくださった方ありがとうございました

 

参考になればTwitterフォローお願います!

DMなどで、テニスで聞きたい事などを参考にして書きますのでドシドシ来てください(`_´)ゞ

 

ありがとうございました♪