down the line

ダウンザラインはパワーだ‼️

初心者必見!!3つのオープンコートで相手に予測されない自由自在なテニス🎾

 

 

こんにちは、NAOYUKI です!

 

f:id:naoyuki426:20171009190540j:image

 

今回はテニスにおける『オープンコートの種類』について説明していきたいと思います!

 

オープンコートとは?

 

オープンコートとは簡単に説明すると対戦相手コートの空いているスペースの事を言います。

 

基本的には相手のいないエリアに打つのですが、毎回空いている場所に打ってしまったら流石に相手に読まれてしまいますよね^ ^

 

相手に読まれず、なおかつポイントを取るためにはオープンコートの種類を学ぶ必要があります。

 

基本的な事ですが、上手く使えるようになれば勝率は間違いなく上がります!!

 

では、いってみましょ〜👍

 

『オープンコートの種類』

 

『空間的オープンコート』

f:id:naoyuki426:20171009194253j:image 

 

これは皆さんが普段から使っている基本的なパターンです。

 

最初に言っていたパターンがこの事になり、相手の居ない場所の事を「オープンスペース」と言います。

 

つまり、相手がいるポジションの反対側がオープンスペースになります。

 

例えば、

ラリー中に角度のついた、ショートクロスを打ち、オープンスペースをつくるなど、相手のバックを狙い、次はフォアを狙うという基本的なパターンがあります

 

 

『時間的オープンコート』

f:id:naoyuki426:20171009195010j:image

  

「時間的オープンコート」とは、空間的オープンコートが空いていない時であっても、早いタイミングで打つ事により、相手の時間を奪い、相手が返球できないようショットを狙ったり、相手のミスを誘う方法です。

 

例えば、相手が打ってきたボールをコートの中に入って早いタイミングで打ったり、ボールを地面に落とさずにボレーや、ドライブボレーで返球する事で相手に時間的プレッシャーを与える戦略です。

 

心理的オープンコート』

 

最後に「心理的オープンコート」です

 

これは相手の心を読み未来を予測する能力が必要になります。

なので、長きに渡っての修行を乗り越えたものしか使えない技になります

 

では、説明していきます!

 

  1. まず集中してチャクラを練ります。
  2. コップ一杯の水を用意して自分がどの属性かを確かめます。
  3. ごめんなさい。真面目に書きます。

 

そんな能力はいりません。

 

 

しかし、心理的オープンコート』とは、相手の予測に反したコースに打球したり、セオリーと異なるコースに打ったりと少し相手の裏を欠かなければなりません。

 

いわゆる「相手の逆をつく」と言う状況をつくると言う事です!!

 

また相手の特徴や癖を観察し、それに応じて戦略をを考え、ここぞ!ってときに今まで打っていたボールを違うコースに狙ったりしてポイントを取る事です。

 

浅い球を何時もならオープンスペースに打ってポイントを取ると思いますが、

そのパターンも何回も続ければ、相手に予測されてしまうので、その球を逆手に相手がいる場所に打ったりして惑わす事が必要になります。

 

このように

「空間的オープンコート」

「時間的オープンコート」

心理的オープンコート」

を使う事で、相手に予測されない試合をしてみてください!

 

そうする事で何時も勝てなかった相手に勝てたり、試合がより面白くなると思います^ ^

 

今回は『3つのオープンコートで相手に予測されない自由自在なテニス🎾 でした

 

今後もテニスコーチの知識を活かし、参考になる記事を書いていきます!!

 

見てくださった方々ありがとうございました😊

 

是非Twitterでも繋がりましょう!

 

f:id:naoyuki426:20180910230102j:image

https://twitter.com/tennis_naoyuki