down the line

ダウンザラインはパワーだ‼️

クロス‼️クロス‼️クロス‼️そしてクロス‼️

皆さんこんばんは(^o^)/

 

久々の投稿で、何を書こうか迷っています(笑)

 

10日以上空いてしまって完全にサボっていました申し訳ありません🙇

 

その報いかは分からないですが、この間久々にカップラーメンをたべたんですよ!

(マルちゃん味噌ラーメンあれは忘れない❗️)

 

カップ麺ってお湯を入れる前にかやくをいれて他は出来上がってからいれるって感じじゃないですか

 

5分たって僕は味噌ラーメンの元を入れて食べたらなんか味が薄い気がして、、、

いや久々に食べたからこんな感じだろ?と思い半分以上食べたら中から銀色の具が・・・

 

その具には名前が書いてあって調味料って名前が(゚∀゚)

カップ麺は当分食べないと誓ったお昼でした。

 

つまらない話ですみません。

 

では本題です!

 

最近ツイッターで呟いた事ですが、(クロスラリーは大切だな〜)です

 

いや、当たり前だろ!!って思うかもしれませんが、案外と案外とできていないのです(*_*)

 

本当クロスラリー大事

 

 

 

f:id:naoyuki426:20171101200907j:image

 

↑クロスに打ってる時の僕です(笑)

 

 

 

 

何故ここまで大事と言うとクロスに打つ事はメリットがいっぱいあります

 

まず‼️

 

クロスラリーはストレートに比べてコートの距離が長い

アウトしにくいと言う事ですね

そしてネットの真ん中(センターベルト)を通すので、ネットミスが減ります

 

補足「ネットの端の高さとセンターベルトではテニスボール2つ分ちがいます。だいたいテニスボールは6㎝なので12㎝低いです」

 

自分コートのリカバリーがしやすい。

ポジショニングがすぐに戻れます

 

この様にメリットが沢山あります

 

クロスって最強‼️‼️٩( ᐛ )و

 

でもテニスをしている人で球の質は良いのにすぐにストレス狙ったりクロスに打っても球が浅かったりそんな人が結構多いと思います

 

普段の練習でラリーはしてバコバコ打ち良い球がいっているのに試合になれば全然入らない入っても浅いし威力がない。

 

それこそ練習の為の練習になっています

 

ただ単にラリーをしていても上手くなりません

アップのラリーであっても、

 

このボールをどこにどう打つか

 

相手の何処に打てばチャンスボールがくるか

 

もちろんダブルス、シングルで意識する事も違いますし、ラリーのポジションも変わりますよね?

 

そこまで考えてラリーをしていますか?

 

こう考えるとミスに対しての考え方もかわりますよね?

 

あー😩またミスった〜今日調子悪いな〜

ではなくて、このポジションだから今はこう打たないといけなかったな~

 

とではミスの質が違います

 

適切なフィードバックをしないといつまでも同じミスをしてレベルアップなんかしません

 

クロスの話にもどしますが

 

亜細亜大学教授、テニス部監督の堀内 昌一 (ほりうち しょういち)さんもこのように言っています

 

「クロスラリーをしている時は安全ですが、クロスからストレートに転じる時リスクを伴う事を理解しましょう」

 

これはただ単にコースを変える事がリスクではなく、クロスに比べてストレートは距離が短いので、深さの調整をしないといけません

 

そしてクロスよりネットが高く、高さの調整もしなければなりません。

 

さらにコース変更を立て続けにしないと言うリスクもあります

 

クロスの長い距離からストレートに短い距離と打つのは凄くリスクがあるんですよね

 

ここで堀内 昌一さんが言う戦術『後手の戦術』を書いていこうと思います

 

「後手に回ってポイントを取る」

 

これはクロスラリーのなかで、自分はクロスを維持して展開をせず、相手にストレートへ展開させると言う攻撃です

 

とにかくしつこくラリーをして、相手がショートクロスに打ってこようとも、緩いクロスボールを打ってこようとも、相手のストレートが空いていようとも、自分はストレートに打たず、ひたすらクロスに打ちます

 

すると相手は耐えきれずに、オープンコートのストレートに先に展開してきます

それを待ち相手に先手をとらせて、リスクを負わせます

 

そして相手がストレートを打つのを待ち、そのボールに追いつくように準備をしておきます

 

そこで相手を大きく走らせる為にクロスに打つか

相手がクロスに戻ろうとする所を狙いストレートに打つのかを決めます

 

これがリスクを負いすぎない為の『後手の戦術』です

 

テニスコートの形は皆さんどの様にイメージしていますか?

 

テニスコートって意外と縦長なんですよ

大体の人に書いてもらったら正方形に近い形を書きます

 

そのコートのイメージがミスを引き出しているかもしれません

 

テニスコートは縦長と知っている方はクロスがもっとも安全でストレートはリスクが高いとわかります

 

f:id:naoyuki426:20171101154642j:image

雑ですみません(>_<)

 

この様にクロスとストレートでは約1.5mぐらいの差があります

 

もう一つ堀内さんが書いていたポジションと打つコースによる距離についてです

 

❶クロスラリーでのリカバリーはセンターマークまで戻る必要がないので3.5m

 

❷クロスラリーからストレートへ打った場合のリカバリー距離は、戻る必要があるので4.5m

 

❸クロスラリーでは両サイドを移動するとリカバリー距離は7m

 

❹ストレートへうったあと相手がクロスへ打ってきた場合、反対のクロスへ走る必要があり、角度もつくかもしれないので3.5+4.5=8mプラスα

 

この様にクロスはストレートより距離が長く、時間があり、しかもリカバリー距離が短くなります

 

ストレートはクロスより距離が短く、リカバリー距離も長く、時間も奪われます

 

疲れますね(笑)

 

コートの大きな距離が理解できれば、自分がどこに打てば楽か相手のどこに打てば優位に立つ事が出来るかを考えれる様になります

 

しかし、常にクロスばかり打っていても相手も同じ事をしてくるので、いつでもストレートに打てる準備をしておきましょう!

 

今回も見ていただいた方々ありがとうございました‼︎

 

参考になれば幸いです😚