Naoyuki Smile book📚

テニスを読書する

やはり強い人は、、、

皆さんお久しぶりです(笑)

完全に投稿するのを忘れていました。。。

 

なんか変な感じになりますが、申し訳ありません。

 

でわ、どうぞ‼︎(笑)

 

 

f:id:naoyuki426:20171211224014j:image

 

 

6日間沖縄での全国大会が終わりました

沖縄暑くてビックリしました!

 

着いたら皆んな半袖(笑)

 

大会の結果‼️

 

団体 準優勝

シングルス ベスト16

ダブルス ベスト16

 

凄く悔しい結果になってしまいました

弱点が浮き彫りになりましたね(笑)

 

しかし、これが今の僕の実力なのでしっかり受け止めてこれからはもっと強くなります

 

本当に良いチームだったな〜〜(まだ部活はあるけど(笑))

 

さて!これからの人生の方がもっと過酷になって行くと思います

 

ここからが勝負‼️

 

まぁシミジミしたのはここまでにして、大会中思った事を書いていきます‼︎

 

 

やはりやはり勝ち進んでいる人はミスが少ない‼︎

 

これですね!(笑)

 

当たり前と思いますが、本場緊張した試合でどこまで質の高いショットが打てるかで試合の勝ち負けは決まります

 

質の高いショットと言いますと速いボールだとか回転が掛かったボールだとかを想像すると思いますがそれは間違いです‼︎

 

 

 正確には間違いではないのですが、、、

 

皆さんがデルポトロみたいな強烈なフォアハンドを打てたり

 

ナダルみたいなボールがサービスラインに落ちても向こうのフェンスにぶつかるスピンが打てるなら構いません

 

しかしそれは現実的に無理ですよね(泣)

 

では1番大切なのはなにか?

 

それはボールの深さです‼︎

 

どんなに速いボールが打ててもボールが浅くなれば相手に攻められてしまいます

 

すみません🙇ここで余計な勉強を🤩

 

テニスではシステム5と言ったポジションによってどう言う戦いをするかと言う考え方があります

  

f:id:naoyuki426:20171203071346j:image

 

これはアメリカでコーチをしているニックボロテリと言う超名コーチが考えたポジションニング方法です

 

順を追って説明していきますね♪

 

  1. ディフェンスポジション

ディフェンスと言っている通り守りのポジションになります

 

攻める事が厳しいポジションなので、なるべく自分の時間をつくって深いボールを打つ必要があります

 

ここは相手から攻められている展開なのでニュートラルポジションに戻れるようなショットを打たなくてはなりません

 

2. ニュートラルポジション

ニュートラルとはここでは安定的なショットをさします

相手に攻められない深いボールを打ち相手からチャンスボールを引き出すポジションになります

 

なのでこのニュートラルポジションは絶対にミスをしてはいけない場所になります

ここでミスをしていたら次の展開に持っていけないので勝てなくなります

 

3.仕掛けるポジション

 

ここはニュートラルポジションでラリーをしている場合に自分のボールが良いところに入った

もしくは相手のボールが浅くなった時に、コートの中に入り相手にプレッシャーをかけ攻めていくポジションになります

 

4.仕掛けて決める

 

ここはネットプレーに持っていくかもしくは決め球を打つ場所になります

 

ここで繋ぎのボールを打ってしまったら逆に攻められてしまい良くない展開になってしまうので、次で決める‼︎て言う気持ちで仕掛けましょう

 

5.絶対に決める

 

絶対に決める場所です。(笑)

 

いや、適当ではないんですよ!(笑)

 

ここまできたら決めないと逆にどうするんだ‼︎‼︎?って場所です

 

死ぬ気で決めてくださいಠ_ಠ

 

ここまでがシステム5でした🙇

 

『今回のまとめ』

 

勝ち続けている人たちはラリー力がやはりたかいです!

次に勝つ人はラリー力➕ボールが深さがしっかりある事ですΣ(-᷅_-᷄๑)

 

そして自分のポジションを理解してより効率の良いテニスで相手に勝ちましょう‼️

 

 

見てくださった方々ありがとうございました‼︎

 

参考になれば幸いです♪

 

興味がある人はツイッターのフォローお願い致します🙇

 

テニスに関する事もドシドシどうぞ٩(^‿^)۶