down the line

ダウンザラインはパワーだ‼️

サーブ打ち方を意識すれば確実に上達する

皆さんこんにちは、Naoyukiです^ ^

 

 

この間久々にキッズイベントにいったんですが、改めて思いました子どもって凄い!!(笑)

 

 

いやね!僕がテニスを教えに行って楽しませるはずなんですが、逆に子どもに僕が楽しまされているではないですか!(笑)(笑)

 

なんかごめんなさい🙇

 

常に笑っている子どもずっと何言ってるか分からない子ども、行動がよめない‼︎全員癖が強すぎる‼︎(笑)

 

でもこんなに純粋って良いなと思いました。

 

年を重ねるほどに感情を制限してる自分がある

純粋な心がだんだんなくなってる

 

ダメだこれじゃ!もっと楽しい事をして楽しませれる人にならなくては。

 

目覚めよ純粋な心‼︎‼︎👁

 

さてさて話が長くなりましたが、本題でございます‼︎(笑)

 

今回はサーブについて書いていこうと思います^ ^

 

 

f:id:naoyuki426:20180912134426j:image

 

前も言ったことがあると思いますが、サーブってテニスの中でクローズドスキルといって唯一自分で狙った場所にコントロールできるショットなんですね!

 

なのでサーブが苦手と言う人は試合には勝てないと断言できるぐらいです。

 

今回は少しでもサーブが上手く打てるようになるヒントを書ければと思いますΣ(-᷅_-᷄๑)

 

 

僕がまず意識していたのは軌道です✈️

 

でわ皆さんに質問です!

 

普段どのようなイメージでサーブを打っていますか?

 

下の画像を参考に少し書いてみてください!

 

f:id:naoyuki426:20171224100825j:image

 

 

 

 

f:id:naoyuki426:20171224101243j:image

 

 ↑このように打っている人は高身長もしくは凄いジャンプ力の持ち主ですね‼︎(笑)

 

 

 嫌味みたいな感じになりすみません🙇

 

 

 テニスをする時には勿論ネットと言う障害物がありますよね?

 

 

 

ベースラインからネットの上を直線的に通すには身長185㎝以上必要と言われています(°▽°)

 

フェデラーで丁度打てるぐらい

 

 

f:id:naoyuki426:20171224094229j:image

 

 

僕だったらネット中段ぐらいに当たる(泣)

 

それぐらい軌道を意識しないとサーブは入りません

 

僕がどれくらい軌道をイメージしているかというとこれくらいです↓

 

 

f:id:naoyuki426:20171224101657j:image

 

少し大袈裟かもしれませんが、これぐらい高い軌道のイメージでサーブを打つようにしています

 

この様に打つことでネットミス、 オーバーの確率を低くします

 

まだメリットがあります‼︎ なんといっても深さ調節、角度をつける事ができます😏

 

角度のついたサーブを打てると相手をコートの外に出すことができるのでそこまで厳しいコースを狙わなくてもオープンコートにボールを打てポイントが取れます^ ^

 

キレのあるスライスサーブについては井本コーチの動画が凄く勉強になるので是非どうぞ!

 

https://t.co/VKuDOiGBvl

 

そしてもう一つサーブについて伝えたいことがあります

 

それはサーブをどれくらい意識して練習しているかです

 

どんな事でもそうなのですが、いっきに全部の事をしてしまうとどれも中途半端になって上手くなれません

 

なので小分けにしてその課題をクリアしていきましょう(^-^)/

 

サービスについて堀内 昌一さんがとても分かりやすい解説していましたので、書いていきますね!

 

 

 

「自分のサービスを説明してみよう!」

 

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」

と言う孫子こ言葉がありますが、ここには大きなヒントがあります。

自分のテニスをまず知り、相手のテニスを知ることで、次にやるべきこと、プレーの方法、戦い方を学ぶことができると言うわけです。

 

自分を知らずに、ただボールを打つだけだったり、たたコーチのアドバイスの通りプレーするばかりではいけません。

 

なぜならそれでどうやってゲームを立て直すというのですか?

 

自分を知るという事は、すなわちテニスを上達させる「土台」をつくると言うこと。

 

自分を知る人こそ、上達する人と言うことですね!

 

『自己診断』技術編

 

  1. グリップ  薄いグリップ(コンチネンタル)でにぎでていますか?
  2. 構え  ラケット面はやや上向ですか?ラケットヘッドは(右利きの場合)左方向を指していますか?
  3. スタンス クローズドスタンスですか?
  4. テークバック 身体を捻転しながら準備してますか?
  5. トスアップ トスを上げる腕が斜めにから横に上がっていますか?
  6. ラケットの重心 テイクバックから切り返しまでラケットの重心はグリップ寄りにありますか?
  7. フォワードスイング 身体の回転運動から前腕の回転運動まで使えてますか?
  8. インパクト 手首の安定した角度(ややくの字)が保たれていますか?伸びたり、余計な動いたりしてませんか?
  9. フォロースルー  動作方向に最後まで振り抜いていますか?
  10. スイングプレーン 正しいスイングプレーン(回転運動によってラケットが描く軌道)で動作していますか?
  11. 運動連鎖 回転運動によって、下半身から運動してエネルギーをラケット先端まで伝えていますか?
  12. ラケットの加速 テークバックからフォワードスイング、インパクトへ向かって、エネルギーはエネルギーは先端部へ移動して、ラケットは加速していますか?
  13. 左手 打球前(右手が上がる前)に左手を早く下ろしていませんか?左手はどこにありますか?右手と左手を入れ替えたら、左手は脇腹あたりにありますか?
  14. 顔の位置 顔と視線はインパクト方向にありますか?インパクト後も、顔はインパクト方向に残っていますか?
  15. 身体の向き 打球方向(ネット方向)ではなく、動作方向(右利きは右斜め上)に身体は回転していますか?
  16. 体重の移動 地面からパワーをもらって、斜め前上方向に体重は移動していますか?
  17. 下半身 適度な膝の屈伸はありますか?下半身始動によるジャンプをしていますか?
  18. 腰のキレ 腰のキレ(鋭い回転)は最大限に利用できていますか?
  19. ダイナミック 動作はダイナミックですか?パワフルさがありますか?
  20. 打球ポジション 打球後はコートの中に入っていますか?
  21. ルーティン サービス動作を始める前の行動は、常に一定していますか?
  22. スイングのテンポ スイングに一定のリズムはありますか?いつも同じですか?
  23. 手首の角度 動作中に手首はほぼ一定の角度を保っていますか?使いすぎてませんか?
  24. 力み グリップを強く握りすぎていませんか?特に上体に力みはありませんか?
  25. イメージ 打球前に、ボールの軌道はイメージできていますか?
  26. スムーズさ 一連の動作はスムーズに行われていますか?

 

全26項目あげました!ここにあげたのは主要な項目なので、自分で気になるところがあれば付け足してくださいね^ ^

 

こんなにあるのか!?って思った人は甘いですよ(笑)

これが最低限意識するところです。

 

一つずつクリアしていきましょう‼︎

 

基礎的な部分ができていないと当然試合には勝てません。

 

まずは自分を知り何処ができていないか、何処を良くしたいかを知りましょう!

そうする事でさらにテニスが良くなってきますよ✨

 

そして今回お伝えした事は絶対これをしなさいと言うものではありません。

 

正解ではなく、あくまでヒントなので考え方の1つとして持っておいてください ^ ^

 

見てくださった方々ありがとうございました😊

 

参考になれば幸いです。

 

Twitterの登録も是非お願いします‼︎

https://twitter.com/tennis_naoyuki