チャンスボール入らなくない?

 

皆さんおはようございます☀

 

最近寒くないですか?

兵庫県に行っていた時夜の気温が−4℃‼️(°_°)

 

兵庫県に住んでいる先輩は洗濯物が凍っていたらしいです(笑

 

恐ろしすぎる。

 

まぁそれはさておき!

 

 

題名がいきなりフランクな感じではいりましたが(笑

 

皆さん思った事がないですか?

 

チャンスボールが入らない。

チャンスが逆にピンチになってしまう

 

 

 

僕もそんな時期がありました

 

ベースラインからのストロークは得意なのにチャンスボールは入らない

 

そうなるとどうなると思いますか?

 

はい!ただただしんどいテニスになります‼︎

 

そして勝てない

 

勝っても疲れて次は勝てない

 

良くチャンスボールはコンパクトにまっすぐ振り抜けと言われていたのですが、試合なるとオーバー、ネットばかりでした

 

 

ある時コーチに言われました「そんな振り方じゃ入らないよ」

 

え?この振り方以外にあるの?

と僕は思いました

 

コーチ「高いボールはサイドスピンをかけるんだイメージで打つといい」

 

なんだと‼︎‼︎?サイドスピン!?

 

 

半信半疑でやってみると

 

 

 

入りました。

 

 

チャンスボールってこんなに簡単なのかと、やはりコーチは偉大だ。

 

 

では具体的にどう打っていたか説明していきますね!

 

『ワイパースイング』

 

f:id:naoyuki426:20180131084418j:image

 

 

 

先程書いてあった通りサイドスピンを掛けるイメージなのですが、腕の動かし方もワイパーです!

 

ただし真横にラケットを振ってしまうとボールの当たりが弱くなるので

 

少し斜めに向かってスイングしてみてください

 

もう一つポイントとしてはラケットが下がってしまっているとしたからのスイングになり威力が落ちます

 

なのでボールの高さにラケットを合わせて打つようにしましょう!

 

そうする事で厚い当たりが可能になります^ ^

 

 

今回は『チャンスボールの打ち方』について書いていきました!

 

見てくださった方々ありがとうございます(^^)

 

次回はトレーニングについて書いていきますね!