重い?軽い?立てる?

 

 

今回はラケットが軽く感じ

より良いストロークが打てる様になるワンポイントを書いていこうと思います!

 

 

ところで余談ですが、皆さんラケットの重さってどのくらいですか?

 

僕はHEADのプレステージを使っている時は320gにさらに重りをつくけて340gでやっていました(笑

 

僕的には丁度良かったんですが

 

いや、丁度良くなかったのかな?(笑

 

今はプロスタッフSの310gを使っています

 

凄い良い(笑

 

 

 

ある話をプロの方から聞いたのですが、ナダルのラケットの重さは300gいかないと言っていました(*_*)

 

 

f:id:naoyuki426:20180203111723j:image

 

 

こんなに筋肉があるのに

 

僕はその話を聞くまで逆だと思ってたのです

筋肉があってパワーのある人ほどラケットは重いんだろうな〜

 

違ってました

 

あ!この話し

スイングスピードの話になる。

 

まぁいいか(笑

 

ナダルはスイングスピードが異常な選手です

 

走り回って打つ選手なのであまり重かったらやはり疲れるんですね

 

もう一方でラケットが重い選手はスイングスピードではなくラケットの重さでテンポ良く打つ選手が多いです!

 

フェデラー選手、伊達公子選手もそうですね

 

なので自分がどんなプレーをしたいかでラケットの重さを選ぶと良いかもしれませんね!

 

僕は完全にミスっていました(笑

 

まぁ長い余談は終わりにして今回のテーマに戻ります‼︎

 

 

部活で監督から『ラケットの先まで神経尖らせろ!』と良く言っていたのを覚えています

 

 

最近確かにそうだな~と思います

 

 

ラケットって1つの道具です

 

確かにそうなのですが、考え方を変えてみてたらラケットは『1つの関節』なんですね

 

この話をしたら『運動連鎖』の話になってしまうので置いときますね(笑

 

ラケットをテイクバックした時にラケットが寝ている人

 

こんな感じです↓

 

 f:id:naoyuki426:20180203115927j:image

 

このように初めからなっている人は上手くボールにパワーが伝わっていないかもしれません

 

これは絶対こうしないといけないとかは無いので上手く打ててる人は構わないですよ!

 

よりパワーを伝える為にはラケットをテイクバック時には立てた方が良いです

 

なぜか?

 

 

ラケットを立てるメリット

 

立てる事によってラケットが寝ている時よりか軽く感じます!

 

一度やってみてください^ ^

 

もう一つはラケットの重さを使って打つ事ができる

 

これが一番のメリットですね!

 

振り子をイメージしてください

  

f:id:naoyuki426:20180203121552g:image

 

 

振り子を少しの距離しか動かさなかったらその分のパワーしか動きませんよね?

 

逆に振ればを大きくすればその分のパワーが生まれますよね?

 

たったこれだけのシンプルな考えです!

 

 

よりパワーを出したいのであればラケットを立て振り子のイメージで打てばパワーでます^ ^

 

 

今回はラケットを『立てる』事によってのメリットを書いてみました!

 

参考になれば幸いです!

 

ありがとうございました😊